宅配おせちのすすめ

宅配おせち…ねー。これってどうなんでしょ。お友達の間ではまずまず評判いいんですけど、今年は頼んでみようかな……

宅配おせちが気になる師走今日この頃。ぼちぼち家のあれこれ忙しくなりそうだし、できることから、新年の準備も片づけたいなーなんて思ってます。(^^;)

宅配おせちはとりあえず予約しておけば、年末になると家におせち料理が宅配便でやってくるという便利なもの。そそられる!忙しい主婦の方なら一度くらいは、宅配おせちを考えたことがあるでしょ。なにしろ、年の瀬におせち料理だのお正月の料理だの、あれこれ気をやむ必要がないんだから。

でも「宅配おせち」なんて口にするだけで、眉をひそめる家族が……先日も「ホテルのおせち」なんて広告が新聞に折り込まれていたけど、うちの母親なんか非難がましい目でじろりってやりそうだもんね。まあ、昔は大家族だったから、忙しくても、おせち料理をフルコース作るくらいの融通はきいたもんでしょうけどねぇ。

もちろん理解してますよ。お母さん。昔は昔で年末はなにかとやることが多かったよね。掃除にしても、それこそ畳をあげて徹底的にやったもんです。家族総出で年端の行かない子供も掃除の手伝いにかり出されて、そんなの当たり前っ!てね。

今時の年越しって相当大変なんですよ。ご存じでしょ?一人何役もこなさなくてはならないこの現実。仕事だってアタシなんか29日まであるし楽して過ごせたらなぁ……って思っちゃいマス。今はどこの家でも共働きだし、ちょっとくらい楽したっていいでしょお!って思うんですけど、ダメかなぁ……。

やっぱり、宅配おせちってそそられるんですよねえ……

ややっ、もう12月じゃんっ!ぼやいてるヒマないよ。

【お役立ちリンク】---

豚スペアリブのグリル

おせち料理のレシピには、正月だけではもったいないのが結構あります。

たとえばスペアリブ。

大人にも子供にも人気があるので、近頃は洋風おせちのメインに据える方も多いみたい。


これは豚スペアリブだそうです。

おいしそうですね。

冷やしたビールやワインを添えて、ちょっと贅沢に。




イーモ ひげ脱毛イーモで脱毛

ツバスの"料理方"について



youtubeから拝借しました。
少々グロですが、わかりやすいツバスの料理法の動画。
ツバス以外の魚でも三枚おろしはだいたいこんな手順です。

動画タイトルが「ハマチ」になってますが、管理人の地方ではツバスサイズだと思います。(釣り人の見栄でしょうか?)

魚屋さんでこれくらいのツバスを特売していたら、自分で捌いてみましょう。
ツバスは捌きやすい体型の魚なので、三枚おろしはそれほど難しくありません。
普通に3枚におろしても小骨が身に残らないので、小骨とりにとげ抜きを使って…という面倒な作業が要りません。

うまくさばけなくても、身に厚みがあるのでそれなりの体裁に仕上がると思います。

こちらは静止画像です。
またもや拝借↓
Studio Bloom 魚の捌き方 〜ツバス編〜
併せて見るとさらにわかりやすいのではないでしょうか。

ちなみに包丁は出刃と刺身包丁があると良いのですが、良く研いだ牛刀でもなんとかなります。

-----
【PR】ティファール圧力鍋やずや 十六雑穀

鶏肉とごぼうの昆布巻き

昆布巻きはおせち料理の代表格。地味な料理…という印象もありますが、素朴なものから豪華なものまでバリエーション豊かです。レシピにしても凝ったモノからシンプルなモノまで人それぞれ。また、地方ごとに作り方や食材に変化があってなかなか楽しい一品です。

【鶏肉とごぼうの昆布巻きのレシピ】

  • 材料
    • 昆布120グラム:軽く水洗いして塩分と汚れを落とす
    • 鶏もも肉1枚:12個に切り分けておく
    • かんぴょう(30cmのを12本):もどさず使う
    • ごぼう半分:昆布の幅に合わせて12個に切り分けておく
  • 作り方
    1. 昆布に鶏肉とごぼうを巻き込む
    2. かんぴょうをゆるめに二回巻きして結ぶ
    3. できあがった昆布巻きを平鍋に並べてたっぷりの水を張る
    4. 最初強火にかけ沸騰したら弱火で落として1時間くらい煮る
    5. 冷めるまで放置して味をしみこませる

ご紹介のレシピはだいぶ昔に料理本でみかけたレシピを適当にアレンジしたものです。ポイントは鍋の中で昆布を戻すところ。戻し汁が鍋を占領しないので、容器の数が少ない一人暮らしや小家族でも、鍋が使えなくて他の作業ができないということがありません。

昆布巻きの煮加減を調べたことがあるのですが、30分という人もいれば2時間という人もいます。また糖の量も個人差が大きいようですので、好みに合わせて調整するのがよいかと…

鏡餅の食べ方

鏡餅はお正月を代表するマストアイテムです。お正月のイメージで最も大きなものは…え?お年玉?まあ、そうなんですけど、鏡餅もお正月ならではなんですよ。忘れちゃいませんよね。

鏡餅は、年神様へのお供えものです。大小の丸いお餅を重ねたものを、床の間などに飾り、名前の由来は昔の鏡が丸い形をしていて魂を象徴する神器だったことにあるのだとか。「鏡餅」には魂がこもっているということなのでしょう。また、大小のお餅を重ねることで、太陽と月、陰と陽、男と女、を象徴してもいるそうです。

鏡開きは1月11日に行われます。この日、お供えしていた鏡餅を下げ、割って食べるのです。よくよく考えると意外なのですが、お正月料理=鏡餅のイメージを持つ人はあまりいないようです。1月も11日ですから、これは当然かも知れませんが、縁起物を頂くのですからお正月料理のひとつには違いありません。

鏡餅は、かなり堅くて割るのも食べるのも難儀です。しばらくお供えしていた鏡餅は、乾燥したりカビが出ていたりするので、そのまま食べてもありがたみはありません。少しでもおいしく鏡餅をいただくには、水餅にして保存するのも良い方法ではないでしょうか。

水餅は、包丁で鏡餅のカビを丁寧に完全に削り取って、適当な大きさに割り、水につけて作ります。毎日水を取り替えることが水餅のポイントです。水餅の料理方法は基本、ノーマルな切り餅と変わりはありませんが、水分を多く含んでいることを考慮する必要があります。

今回は水餅を使ったレシピをいくつか紹介します。

【ごま餅のレシピ】
  • 材料
    • 水餅…300g
    • ごまだれ(黒ごま…大さじ4、砂糖…大さじ3、しょうゆ…大さじ1)
  • 作り方

    1. 黒ごまをフライパンで香ばしく乾煎りして、すり鉢で油が出るまで十分にする。すりごまに砂糖としょうゆを混ぜ合わせておく。
    2. 水餅を耐熱皿に並べ、ラップはかけずに電子レンジの強で3分加熱。目を離すとあっという間にふくらみ、そのままにしておくと表面が乾燥して堅くなるので注意。
    3. やわらかくなった餅にごまだれをたっぷりとからめてできあがり。

【おろし餅のレシピ】
  • 材料
    • 水餅…300g
    • 大根おろし…1カップ
    • しょうゆ…少々
    • お好みで柚子の皮のすりおろし…少々
  • 作り方

    1. 水餅の扱いは上記のごま餅同様、電子レンジを使う。
    2. 大根おろしとしょうゆ、好みで柚子の皮を混ぜたものを用意し、餅にたっぷりとからめる。

【磯餅のレシピ】
  • 材料
    • 材料:水餅…300g
    • 焼き海苔…4枚
    • だし汁…3カップ
    • しょうゆ…大さじ2
    • みりん…大さじ3
  • 作り方
    1. 焼き海苔は遠火であぶり、もみ海苔に。
    2. 水餅は、ごま餅同様、電子レンジで柔らかく。
    3. 柔らかくなった餅を器に移し、もみ海苔をふりかける。
    4. 餅にだし汁としょうゆ、みりんを煮立てたものを注ぐ。


てっとり早い鏡餅の調理法には、割った餅を油で揚げるというのもあります。揚げ餅は塩をふったりしょうゆをからめて食べる他、鍋に浮かべて食べてもなかなかイケます。

お雑煮は地方でまちまち

お雑煮はまさしく元旦のイメージ。元旦の朝、寝不足の目をこすって起きると、台所からはいつものお雑煮のおいしそうな匂いが……

お雑煮はお正月料理の中で外せない椀です。あるいはおせち料理よりもお雑煮の方が好きな方も多いのでは…とも思います。お正月料理として最も身近なお雑煮ですが、これには決まったレシピがありません。もうご存じのとおり、お雑煮は地域によってまちまちなのです。しかも、同じ地域でも家庭によってもまちまちで、具や味付けなどまで考えると、一つとして同じレシピは存在しないのではないでしょうか。

全く違う土地で育った人の料理を眺めると地域の特異性がはっきりします。特に結婚したとき、常識はずれと言ってもよいほど、地域差を感じることは少なくありません。時には夫婦げんかの原因になり、極端な場合は離婚騒動に発展することさえあるのが、食味に関する見解の差というものです。

さて、お雑煮は数ある料理の中でも地域色が出てしまいがちなメニューのひとつです。ここは肯定的な目で見るようにしましょう。同じ名前の料理でも地域ごとに全く違う椀に仕立てられるのは、楽しみが増えて歓迎すべきことだと思いますがいかがでしょう?

地域によるお雑煮のレシピの違いを余さずご紹介できるわけではありませんので、さわりだけでもご紹介……

関東のお雑煮は切り餅を焼いて小松菜を加えて、かつお節でとっとだし汁をベースにするのが一般的です。一方、関西では丸餅に小芋、大根、焼豆腐、干しあわびなどを入れ、汁は白味噌仕立てがポピュラーです。

関西で丸餅が使われる理由は、丸餅を満月に見立て、欠けるところのない円満を象徴するというものだと言われます。丸餅は焼かずにそのまま煮ます。小芋は親より出世するという縁起かつぎだとか。

食文化的には関西圏の加賀ではお雑煮もすまし汁仕立てと上品なもの。本節を水に5分間ほど浸してから火の上で乾かしたものを包丁で丹念に切って使うという手の込んだ下ごしらえをします。家によっては甘エビやせりを入れたりもするそうです。

ところかわり、長崎のお雑煮は豪華なことで有名です。煮だし汁に干しあごと昆布を用いて汁のベースとし、餅は丸餅、具材には塩ブリ、鶏肉、干しなまこ、椎茸、大根、人参、かまぼこ、里芋、ゴボウ、くわい、唐人菜、昆布など種類も多く入れます。

もう少し南下した鹿児島のさつま雑煮は、どよく煮えた切り餅が大きな里芋の上に乗せられ、豆もやしを加えて味噌仕立てにします。とても土俗的で迫力のある雑煮ですね。

お雑煮は「所変われば品変わる」の典型のような料理です。ちなみに尾張地区の雑煮は大体関東風のところが多いようで、切り餅が使われます。

黒豆を煮る

お正月料理と言えばおせち、その中でも祝い肴の筆頭が黒豆。黒豆は一の重の一角を占める、三種肴の一つ、一年中まめに働いて、まめに生きるという意味を重ね、健康にくらせるようにとの願いを込めて作られる料理です。

三年に一回は「あーっ!焦がしたっ!」と母親の叫び声を聞いたような気がします。七輪とかストーブの余熱を使って、黒豆を煮るのが実家の流儀。なのですが、他ごとに気を取られていると、そんな事も起こります。基本豆をもどすのに時間がかかるので、やり直しができない大晦日だと厄介なことになりかねませんが、実家ではそのあたり折り込み済みのようで、一日二日余裕を見て豆を煮ます。なので、黒豆が無かった年は記憶にありません。(^_^;)

このようなこともあるので、黒豆は煮るのが難しいと敬遠がちな料理です。しかし、よくよくレシピを眺めてみるに、時間がかかるだけでそれほど複雑な手順をふむ料理でないことが判ります。今回は代表的な黒豆レシピをご紹介しますので、今年は黒豆にチャレンジしてみませんか?

【黒豆のレシピ】。
  • 材料

    • 乾燥黒豆…2カップ(300g)
    • 水…1400ml
    • 砂糖…250g
    • しょうゆ…大さじ1
    • 塩…小さじ1弱
  • 作り方
    1. 乾燥黒豆は、割れているものや虫食いのあるものは取り除いておく。健康な豆だけよく洗ってザルにあげて水を切っておく。
    2. 鍋に水1200mlを入れて火にかけて、煮立ったら火を止める。砂糖、しょうゆ、塩を加えてよく混ぜる。
    3. 調味料をまぜた鍋に黒豆を入れて一晩放置。ここで、古釘や鉄玉を入れると、鉄分が黒豆の色を保つので、、豆の仕上がりはきれいな色に)
    4. 一晩置いた豆を強火にかけて、沸騰したら水100mlを加えてアクを取り除く。さらに100mlの水を加えて再び煮立て、もう一度アク取りをする。
    5. 落し蓋をして、ごく弱火で5時間ほど煮る。
    6. 途中で煮汁が少なくなったら、水を足す。豆は常にひたひたの状態を保つようにするのがポイント。
    7. 指で豆がつぶせるくらいになったら出来上がり。

関東風の黒豆は「しわのできるまで長生き」とのことで、豆の表面にわざとしわを寄せて煮るのだとか。
【関東風黒豆のレシピ】
  • 材料
    • 乾燥黒豆…2カップ
    • 水…1200ml
    • 砂糖…250g
    • 塩…小さじ1弱
    • しょうゆ…小さじ2
  • 作り方
    1. 黒豆は、指でつぶせるくらいまでやわらかく水煮する。
    2. そこへ砂糖、塩、しょうゆを加えて20分ほど煮て火を止める。

実家のある尾張地方は、文化的に関西でも関東でもない特異な地域ですが、黒豆は関東風ではなく、艶のある仕上がりでした。ただし、焦げ付かなければ……なのですが。

数の子の味付け

数の子はお正月限定のメニューというお宅が多いのではないでしょうか。普段から食卓に数の子が上がるご家庭はかなりの数の子好きですね。数の子はお正月の高級食材の代表格。もちろんお正月料理と限定せずとも高級食材に違いありません。

数の子はにしんの卵で、一腹あたりの卵の数が多く、そのため子孫繁栄をあらわす縁起物として昔からお正月料理のひとつとして親しまれてきました。お正月には三種肴という決まり物がありますが、この三種とは黒豆、田作り、数の子の三つをさして言います。

お正月のおせちに使う場合、すぐに食べられるものを買うのが便利ですが、この時期多く出回るのは塩漬けにした数の子ですから、今回は「塩数の子」を塩抜きして作るレシピをご紹介します。

【塩数の子を使うレシピ】

  • 材料

    • 塩数の子…100g
    • 塩(塩抜き用)…少々
    • しょうゆ…50ml
    • みりん…大さじ2
    • 糸がつお…少々

  • 作り方

    1. 塩数の子の塩抜きは薄い塩水に一晩〜2日間漬け、途中水を替えながら塩を抜く。完全に塩分が抜けきるとうま味がなくなるので、塩抜き中は時々味見をするのがポイント。
    2. 塩抜きした数の子の表面にある薄皮を、竹串を使ってていねいにむく。
    3. 数の子を一口大に手でちぎる。包丁を使って切り分けると見た目がきれいになるが、金気が出ることがあるので、手でちぎるのが無難。
    4. ペーパータオルで数の子を包み、余分な水分取る。
    5. だし汁、しょうゆ、みりんを小鍋でひと煮立ち、冷ましておく。
    6. 数の子にさました汁をかけ、1日放置して味をなじませる。
    7. 盛り付けるときには、糸がつおをあしらう。

塩数の子は、身の厚み、色の冴え、卵の粒だちがはっきりしたものを選ぶようにしましょう。また、このレシピ以外にも、色々と美味しい調理方がありますから、好みに合わせて味を調整してください。

田作り

田作りは大人向けのメニューが多いお正月料理の中で、子どもにも好かれる一品です。とはいえ、田作りはお酒の肴にもぴったり。幅広い年齢層で愛されているおせちの代表選手といってよいでしょう。

田作りは祝い肴、あるいは屠蘇肴と言われる三種肴のひとつとされ、小さなカタクチイワシを使うので、食味が良いだけでなく、栄養面でもカルシウム豊富、甘めの味付けであることから、子どもたちにも食べやすいお正月料理です。

田作りに使うのは、カタクチイワシの幼魚を干した「ごまめ」。その昔は、田畑の肥料として使われたことが「田作り」の名前の由来だそうです。そのため、五穀豊穣を願う縁起物として扱われ、今でもお正月料理には欠かせない一品です。

田作りのレシピも土地土地で様々ですが、今回はシンプルな調理法で作る簡単なレシピをご紹介します。

  • 材料

    • ごまめ…50g
    • 砂糖…大さじ3
    • みりん…大さじ2
    • しょうゆ…大さじ2
    • 酒…大さじ1
    • 白ごま…大さじ1

  • 作り方

    1. 弱火にフライパンをかけ、ごまめを入れて焦がさないように乾煎りする。頃合いのはかり方は、ごまめを一つ取り出し手でポキンと折れたらOK。フライパンから取り出して粗熱を取る。
    2. 鍋に砂糖、みりん、しょうゆ、酒を入れて半量くらいになるまで煮詰める。
    3. 鍋に、乾煎りしたごまめを入れて手早くからめる。
    4. 鍋の中味をクッキングシートに広げて冷まし、白ごまを振る。

ごまめはフライパンに代えて、電子レンジを使って炒っても良いでしょう。電子レンジの場合は底の広い耐熱皿にごまめを広げて入れ、ラップをかけずに3〜4分ほど加熱すればOKです。均一に加熱するためには、なるべく広い底の鍋を使い、途中2,3回取り出して上下を返すのがポイントです。

えびを使った伊達巻きの作り方

お正月が近くなると食材の値段が上がるのは例年のこと。特にかまぼこってなぜあんなにも値上がりするのでしょうか。伊達巻きはそんなかまぼこと並びおせちの必需品です。これが無いと、重箱の中味はどうにもしまらない景色になります。

もちろん年末の伊達巻きもかまぼこ同様お値段がはります。お正月商品は大体が高めの設定なんですが、普段の数倍とかの値段を見るにつけ、どうにかならないかなぁ……とため息の一つも。

伊達巻きはお正月料理の中では口取りの代表格、酒肴としてはももちろん、甘みのある卵料理ですから、子供達から年配の方まで、幅広い年齢層に人気のメニューです。既製品は高い!ならば、手作りしてみるのも良いでしょう。

今回は本格的なえびを使った伊達巻きのレシピをご紹介します。

【海老を使った伊達巻きのレシピ】
  • 材料

    • 卵…8個
    • むきえび…150g
    • 塩…少々
    • 調味料(塩…小さじ1/2、しょうゆ…小さじ2、砂糖…大さじ6、だし汁…大さじ5)

  • 作り方

    1. えびは背わたを取り除き、塩水で洗い、水気を拭いて包丁で粗く刻む。
    2. フードプロセッサーに下ごしらえをしたむきえびを入れ、軽く攪拌する。
    3. ときほぐした卵を少しずつフードプロセッサーに入れ、攪拌する。
    4. 攪拌した材料に調味料を加え、なめらかな状態になるまでよく混ぜる。
    5. オーブンの天板にクッキングシートを敷いて、フードプロセッサーの中味を流し入れる。
    6. オーブンを200℃に熱し、中段に天板を置き、焼色がつくまで20分焼く。
    7. 色よく焼きあがったら、焦げ目を下にして鬼すだれにとって、クッキングシートを丁寧にはずし、包丁の背で2cm間隔に浅く切り目を入れる。
    8. 鬼すだれの手前端を持って、ゆるまないよう巻いてゆく。
    9. 巻き終えた鬼すだれの3カ所を輪ゴムで止めて、冷ます。

フードプロセッサーがなければ、すり鉢に材料を順に入れて、その都度ていねいにすりつぶしして混ぜることでもOKです。また、鬼すだれが手元になければ、普通の巻きすで作っても良いでしょう。ることもできます。
しかしお正月料理を手
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。